万葉集 第12巻 3130番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3130番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3130番歌

第12巻
歌番号 3130番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 豊洲 聞濱松 心<哀> 何妹 相云始
訓読 豊国の企救の浜松ねもころに何しか妹に相言ひそめけむ
かな とよくにの きくのはままつ ねもころに なにしかいもに あひいひそめけむ
英語(ローマ字) TOYOKUNINO KIKUNOHAMAMATSU NEMOKORONI NANISHIKAIMONI AHIIHISOMEKEMU
豊国の企救の浜松の根のように、ねんごろになぜ彼女と親しく言葉を交わすようになったのだろう。
左注 右四首柿本朝臣人麻呂歌集出
校異 裳 哀 [元][類]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、福岡、北九州市、地名、序詞、恋情、羈旅
タイトルとURLをコピーしました