万葉集 第12巻 3194番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3194番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3194番歌

第12巻
歌番号 3194番歌
作者 作者不詳
題詞 (悲別歌)
原文 氣緒尓 吾念君者 鶏鳴 東方重坂乎 今日可越覧
訓読 息の緒に我が思ふ君は鶏が鳴く東の坂を今日か越ゆらむ
かな いきのをに あがおもふきみは とりがなく あづまのさかを けふかこゆらむ
英語(ローマ字) IKINOWONI AGAOMOFUKIMIHA TORIGANAKU ADUMANOSAKAWO KEFUKAKOYURAMU
命の綱とたのむ我が君は鶏が鳴く夜明けの東方の険しい坂を今日あたり越えていらっしゃるのだろうか。
左注
校異
用語 地名、枕詞、羈旅、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました