万葉集 第12巻 3096番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3096番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3096番歌

第12巻
歌番号 3096番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 ?(木+巨)?(木+若)越尓 麦咋駒乃 雖詈 猶戀久 思不勝焉
訓読 馬柵越しに麦食む駒の罵らゆれど猶し恋しく思ひかねつも
かな ませごしに むぎはむこまの のらゆれど なほしこひしく おもひかねつも
英語(ローマ字) MASEGOSHINI MUGIHAMUKOMANO NORAYUREDO NAHOSHIKOHISHIKU OMOHIKANETSUMO
馬柵越しに麦を食べる馬は叱られてもやはり麦が恋しくじっと待ちかねる。
左注
校異
用語 動物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました