万葉集 第12巻 2897番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2897番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2897番歌

第12巻
歌番号 2897番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 何 日之時可毛 吾妹子之 裳引之容儀 朝尓食尓将見
訓読 いかならむ日の時にかも我妹子が裳引きの姿朝に日に見む
かな いかならむ ひのときにかも わぎもこが もびきのすがた あさにけにみむ
英語(ローマ字) IKANARAMU HINOTOKINIKAMO WAGIMOKOGA MOBIKINOSUGATA ASANIKENIMIMU
いったいいつになったら、彼女が裳裾を引いて歩く姿、その姿が朝も昼も見られるようになるのだろうか。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました