万葉集 第12巻 3078番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3078番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3078番歌

第12巻
歌番号 3078番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 浪之共 靡玉藻乃 片念尓 吾念人之 言乃繁家口
訓読 波の共靡く玉藻の片思に我が思ふ人の言の繁けく
かな なみのむた なびくたまもの かたもひに わがおもふひとの ことのしげけく
英語(ローマ字) NAMINOMUTA NABIKUTAMAMONO KATAMOHINI WAGAOMOFUHITONO KOTONOSHIGEKEKU
波と共になびく玉藻のように片思いに揺れ、我が恋い焦がれるあの人について何かと噂が激しくて。
左注
校異
用語 植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました