万葉集 第12巻 3095番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3095番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3095番歌

第12巻
歌番号 3095番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 朝烏 早勿鳴 吾背子之 旦開之容儀 見者悲毛
訓読 朝烏早くな鳴きそ我が背子が朝明の姿見れば悲しも
かな あさがらす はやくななきそ わがせこが あさけのすがた みればかなしも
英語(ローマ字) ASAGARASU HAYAKUNANAKISO WAGASEKOGA ASAKENOSUGATA MIREBAKANASHIMO
朝のカラスよ、そんなに早いうちから鳴かないでおくれ。いとしいあのお人が朝帰りするのを見るのが哀しいから。
左注
校異
用語 動物、女歌、後朝
タイトルとURLをコピーしました