万葉集 第12巻 3094番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3094番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3094番歌

第12巻
歌番号 3094番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 物念常 不宿起有 旦開者 和備弖鳴成 鶏左倍
訓読 物思ふと寐ねず起きたる朝明にはわびて鳴くなり庭つ鳥さへ
かな ものもふと いねずおきたる あさけには わびてなくなり にはつとりさへ
英語(ローマ字) MONOMOFUTO INEZUOKITARU ASAKENIHA WABITENAKUNARI NIHATSUTORISAHE
物を思って寝られず起きた朝明けはわびしいが、庭の鳥さえわびしく鳴いている。
左注
校異
用語 動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました