万葉集 第12巻 3098番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3098番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3098番歌

第12巻
歌番号 3098番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 於能礼故 所詈而居者 ゑ馬之 面高夫駄尓 乗而應来哉
訓読 おのれゆゑ罵らえて居れば青馬の面高夫駄に乗りて来べしや
かな おのれゆゑ のらえてをれば あをうまの おもたかぶだに のりてくべしや
英語(ローマ字) ONOREYUゑ NORAETEWOREBA AWOUMANO OMOTAKABUDANI NORITEKUBESHIYA
お前さんのおかげで叱られているところよ。なんで葦毛の駄馬に載ってやってくるのさ。
左注 右一首 平群文屋朝臣益人傳云 昔<多>紀皇女竊嫁高安王被嘖之時 御作<此>歌 但高安王左降任<之>伊与國守也
校異 聞 多 [吉永登説] / <> 此 [元][類][紀] / <> 之 [西(右書)][元][紀][温]
用語 動物、怨恨、伝承、歌語り、紀皇女、高安王、平群文屋益人
タイトルとURLをコピーしました