万葉集 第12巻 3097番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3097番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3097番歌

第12巻
歌番号 3097番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 左桧隈 <桧隈>河尓 駐馬 馬尓水令飲 吾外将見
訓読 さ桧隈桧隈川に馬留め馬に水飼へ我れ外に見む
かな さひのくま ひのくまかはに うまとどめ うまにみづかへ われよそにみむ
英語(ローマ字) SAHINOKUMA HINOKUMAKAHANI UMATODOME UMANIMIDUKAHE WAREYOSONIMIMU
桧隈(ひくま)の桧隈川(ひくまがわ)のほとりに馬をとめ、馬に水をお与え下さい。そのお姿を私は横からこっそり見させていただきます。
左注
校異 々々 桧隈 [元][類][紀]
用語 地名、明日香、奈良、動物、恋情、歌垣
タイトルとURLをコピーしました