万葉集 第12巻 2941番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2941番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2941番歌

第12巻
歌番号 2941番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 念八流 <跡>状毛我者 今者無 妹二不相而 年之經行者
訓読 思ひ遣るたどきも我れは今はなし妹に逢はずて年の経ぬれば
かな おもひやる たどきもわれは いまはなし いもにあはずて としのへぬれば
英語(ローマ字) OMOHIYARU TADOKIMOWAREHA IMAHANASHI IMONIAHAZUTE TOSHINOHENUREBA
この思いを晴らす手だては今の私にはない。彼女に逢えないまま年月が経ってしまったので。
左注
校異 <> 跡 [元][紀][細][温]
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました