万葉集 第12巻 2940番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2940番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2940番歌

第12巻
歌番号 2940番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 中々二 死者安六 出日之 入別不知 吾四九流四毛
訓読 なかなかに死なば安けむ出づる日の入る別知らぬ我れし苦しも
かな なかなかに しなばやすけむ いづるひの いるわきしらぬ われしくるしも
英語(ローマ字) NAKANAKANI SHINABAYASUKEMU IDURUHINO IRUWAKISHIRANU WARESHIKURUSHIMO
いっそのこと死んでしまえば安らかになるだろう。太陽がいつ出てきていつ沈むのか分からない私、苦しくてたまらない。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました