万葉集 第12巻 3021番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3021番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3021番歌

第12巻
歌番号 3021番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 絶沼之 下従者将戀 市白久 人之可知 歎為米也母
訓読 隠り沼の下ゆは恋ひむいちしろく人の知るべく嘆きせめやも
かな こもりぬの したゆはこひむ いちしろく ひとのしるべく なげきせめやも
英語(ローマ字) KOMORINUNO SHITAYUHAKOHIMU ICHISHIROKU HITONOSHIRUBEKU NAGEKISEMEYAMO
隠り沼(こもりぬ)の下から密かに恋い焦がれていよう。はっきりと人に知られてしまうような、嘆息をつくようなことはするまい。
左注
校異
用語 枕詞、うわさ、人目、恋情