万葉集 第12巻 2865番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2865番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2865番歌

第12巻
歌番号 2865番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 玉釼 巻宿妹母 有者許増 夜之長毛 歡有倍吉
訓読 玉釧まき寝る妹もあらばこそ夜の長けくも嬉しくあるべき
かな たまくしろ まきぬるいもも あらばこそ よのながけくも うれしくあるべき
英語(ローマ字) TAMAKUSHIRO MAKINURUIMOMO ARABAKOSO YONONAGAKEKUMO URESHIKUARUBEKI
玉釧を巻くように共寝する彼女がいたなら、長い夜もさぞかしうれしいことだろうに。
左注
校異
用語 恋愛
タイトルとURLをコピーしました