万葉集 第12巻 2999番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2999番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2999番歌

第12巻
歌番号 2999番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 水乎多 上尓種蒔 比要乎多 擇擢之業曽 吾獨宿
訓読 水を多み上田に種蒔き稗を多み選らえし業ぞ我がひとり寝る
かな みづをおほみ あげにたねまき ひえをおほみ えらえしわざぞ わがひとりぬる
英語(ローマ字) MIDUWOOHOMI AGENITANEMAKI HIEWOOHOMI ERAESHIWAZAZO WAGAHITORINURU
(下田)は水が多いので上田に稲の種を蒔いたが、稗が多いのでより分けられたように、私はよりわけられてしまってひとり寝ています。
左注
校異
用語 植物、比喩、怨恨
タイトルとURLをコピーしました