万葉集 第12巻 3000番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3000番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3000番歌

第12巻
歌番号 3000番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 霊合者 相宿物乎 小山田之 鹿猪田禁如 母之守為裳 [一云 母之守之師]
訓読 魂合へば相寝るものを小山田の鹿猪田守るごと母し守らすも [一云 母が守らしし]
かな たまあへば あひぬるものを をやまだの ししだもるごと ははしもらすも [ははがもらしし]
英語(ローマ字) TAMAAHEBA AHINURUMONOWO WOYAMADANO SHISHIDAMORUGOTO HAHASHIMORASUMO [HAHAGAMORASHISHI]
好き同士なら共に寝ましょうものを、鹿や猪から大切な田(私)を母が守っていて下さるので[一云 守っておられるので]。
左注
校異
用語 異伝、動物、障害、恋愛
タイトルとURLをコピーしました