万葉集 第12巻 3001番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3001番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3001番歌

第12巻
歌番号 3001番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 春日野尓 照有暮日之 外耳 君乎相見而 今曽悔寸
訓読 春日野に照れる夕日の外のみに君を相見て今ぞ悔しき
かな かすがのに てれるゆふひの よそのみに きみをあひみて いまぞくやしき
英語(ローマ字) KASUGANONI TERERUYUFUHINO YOSONOMINI KIMIWOAHIMITE IMAZOKUYASHIKI
普段見慣れている春日山の野に夕日が射し込み偶然に出合った。会釈するなり声をかけるなり、もう少し対処の仕方があったのに、そのまま通り過ぎたのが今になって悔やまれる。
左注
校異
用語 地名、奈良、序詞、後悔、恋愛
タイトルとURLをコピーしました