万葉集 第12巻 2921番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2921番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2921番歌

第12巻
歌番号 2921番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 幼婦者 同情 須臾 止時毛無久 将見等曽念
訓読 たわや女は同じ心にしましくもやむ時もなく見てむとぞ思ふ
かな たわやめは おやじこころに しましくも やむときもなく みてむとぞおもふ
英語(ローマ字) TAWAYAMEHA OYAJIKOKORONI SHIMASHIKUMO YAMUTOKIMONAKU MITEMUTOZOOMOFU
かよわい女の身ですもの、あなたと同じようにこの私も、少しも間を空けることなく、逢っていたいと思います。
左注
校異
用語 恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました