万葉集 第12巻 2852番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2852番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2852番歌

第12巻
歌番号 2852番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 人言 繁時 吾妹 衣有 裏服矣
訓読 人言の繁き時には我妹子し衣にありせば下に着ましを
かな ひとごとの しげきときには わぎもこし ころもにありせば したにきましを
英語(ローマ字) HITOGOTONO SHIGEKITOKINIHA WAGIMOKOSHI KOROMONIARISEBA SHITANIKIMASHIWO
人の噂が激しいのでなかなか逢えないが、あの子が着物であってくれたら、いつも下に着ていられるのに。
左注 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました