万葉集 第12巻 2853番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2853番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2853番歌

第12巻
歌番号 2853番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 真珠<服> 遠兼 念 一重衣 一人服寐
訓読 真玉つくをちをし兼ねて思へこそ一重の衣ひとり着て寝れ
かな またまつく をちをしかねて おもへこそ ひとへのころも ひとりきてぬれ
英語(ローマ字) MATAMATSUKU WOCHIWOSHIKANETE OMOHEKOSO HITOHENOKOROMO HITORIKITENURE
(噂に壊されないように)将来のことを考えるからこそ一重の着物にくるまってひとり寝に耐えているのです。
左注 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 眼 服 [古]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました