万葉集 第12巻 2961番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2961番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2961番歌

第12巻
歌番号 2961番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 虚蝉之 常辞登 雖念 継而之聞者 心遮焉
訓読 うつせみの常のことばと思へども継ぎてし聞けば心惑ひぬ
かな うつせみの つねのことばと おもへども つぎてしきけば こころまどひぬ
英語(ローマ字) UTSUSEMINO TSUNENOKOTOBATO OMOHEDOMO TSUGITESHIKIKEBA KOKOROMADOHINU
世間一般の通り一遍の言葉(外交辞令)とは思うけれど、続いて聞かされるとひょっとしてと心が乱れます。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました