万葉集 第12巻 2960番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2960番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2960番歌

第12巻
歌番号 2960番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 虚蝉之 宇都思情毛 吾者無 妹乎不相見而 年之經去者
訓読 うつせみの現し心も我れはなし妹を相見ずて年の経ぬれば
かな うつせみの うつしごころも われはなし いもをあひみずて としのへぬれば
英語(ローマ字) UTSUSEMINO UTSUSHIGOKOROMO WAREHANASHI IMOWOAHIMIZUTE TOSHINOHENUREBA
この世に生きている人の心ももう私にはない(甲斐がない)。彼女に逢えないまま何年も経ってしまったので。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました