万葉集 第12巻 2922番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2922番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2922番歌

第12巻
歌番号 2922番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 夕去者 於君将相跡 念許<増> 日之晩毛 れ有家礼
訓読 夕さらば君に逢はむと思へこそ日の暮るらくも嬉しくありけれ
かな ゆふさらば きみにあはむと おもへこそ ひのくるらくも うれしくありけれ
英語(ローマ字) YUFUSARABA KIMINIAHAMUTO OMOHEKOSO HINOKURURAKUMO URESHIKUARIKERE
夕方になるとあなた様にお逢い出来ると思うからこそ、日が暮れて来るのも嬉しく思われます。
左注
校異 憎 増 [元][紀][温][京]
用語 恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました