万葉集 第12巻 3166番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3166番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3166番歌

第12巻
歌番号 3166番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 吾妹兒乎 外耳哉将見 越懈乃 子難<懈>乃 嶋楢名君
訓読 我妹子を外のみや見む越の海の子難の海の島ならなくに
かな わぎもこを よそのみやみむ こしのうみの こがたのうみの しまならなくに
英語(ローマ字) WAGIMOKOWO YOSONOMIYAMIMU KOSHINOUMINO KOGATANOUMINO SHIMANARANAKUNI
あの愛しい子を傍目にだけ眺めていろというのか。越の海の子難(近づきがたい子)の海に浮かぶ島ではあるまいに。
左注
校異 懈 [西(上書訂正)][元][紀][温]
用語 地名、北陸、石川、富山、恋情、羈旅、遊行女婦
タイトルとURLをコピーしました