万葉集 第12巻 3133番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3133番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3133番歌

第12巻
歌番号 3133番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 去家而 妹乎念出 灼然 人之應知 <歎>将為鴨
訓読 旅にして妹を思ひ出でいちしろく人の知るべく嘆きせむかも
かな たびにして いもをおもひいで いちしろく ひとのしるべく なげきせむかも
英語(ローマ字) TABINISHITE IMOWOOMOHIIDE ICHISHIROKU HITONOSHIRUBEKU NAGEKISEMUKAMO
旅の道すがら、彼女のことを思い出し、人の目にはっきり分かるほど、嘆くことだろうな。
左注
校異 欲 歎 [西(訂正右書)][元][紀][温]
用語 羈旅、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました