万葉集 第12巻 2998番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2998番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2998番歌

第12巻
歌番号 2998番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 湊入之 葦別小船 障多 今来吾乎 不通跡念莫
訓読 港入りの葦別け小舟障り多み今来む我れを淀むと思ふな
かな みなといりの あしわけをぶね さはりおほみ いまこむわれを よどむとおもふな
英語(ローマ字) MINATOIRINO ASHIWAKEWOBUNE SAHARIOHOMI IMAKOMUWAREWO YODOMUTOOMOFUNA
港に入る小舟が葦を押しわけ押し分け進むように、何かと障害が多いのでなかなか逢いに行けない。さりとてためらっているわけではないと思って欲しい。 
左注 或本歌曰 湊入尓 蘆別小船 障多 君尓不相而 年曽經来
校異
用語 序詞、恋情、植物
スポンサーリンク

第12巻 2998S1番歌(異伝歌1)

題詞 (寄物陳思)或本歌曰
原文 湊入尓 蘆別小船 障多 君尓不相而 年曽經来
訓読 港入りに葦別け小舟障り多み君に逢はずて年ぞ経にける
かな みなといりに あしわけをぶね さはりおほみ きみにあはずて としぞへにける
英語(ローマ字) MINATOIRINI ASHIWAKEWOBUNE SAHARIOHOMI KIMINIAHAZUTE TOSHIZOHENIKERU
港に入る小舟が葦を押しわけ押し分け進むように、何かと障害が多いのでなかなか逢いに行けない。あなたに逢えないまま年を越してしまいました。
左注
校異
用語 異伝、植物、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました