万葉集 第12巻 3041番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3041番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3041番歌

第12巻
歌番号 3041番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 朝旦 草上白 置露乃 消者共跡 云師君者毛
訓読 朝な朝な草の上白く置く露の消なばともにと言ひし君はも
かな あさなさな くさのうへしろく おくつゆの けなばともにと いひしきみはも
英語(ローマ字) ASANASANA KUSANOUHESHIROKU OKUTSUYUNO KENABATOMONITO IHISHIKIMIHAMO
朝な朝(さ)な草に降りていた白露がはかなく消えていくようなこの命、消える時は共にと言って下さったあなたでしたわ。
左注
校異
用語 序詞、女歌、挽歌発想、恋情
タイトルとURLをコピーしました