万葉集 第12巻 3123番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3123番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3123番歌

第12巻
歌番号3123番歌
作者作者不詳
題詞(問答歌)
原文直獨 宿杼宿不得而 白細 袖乎笠尓著 沾乍曽来
訓読ただひとり寝れど寝かねて白栲の袖を笠に着濡れつつぞ来し
かなただひとり ぬれどねかねて しろたへの そでをかさにき ぬれつつぞこし
英語(ローマ字)TADAHITORI NUREDONEKANETE SHIROTAHENO SODEWOKASANIKI NURETSUTSUZOKOSHI
たった一人で寝てみたけれど、寝るに寝られず、真っ白な袖をかざして笠代わりにして雨の中を濡れながらやってきたよ。
左注(右二首)
校異
用語枕詞、恋情、難渋
タイトルとURLをコピーしました