万葉集 第12巻 2881番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2881番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2881番歌

第12巻
歌番号2881番歌
作者作者不詳
題詞(正述心緒)
原文立而居 為便乃田時毛 今者無 妹尓不相而 月之經去者 [或本歌曰 君之目不見而 月之經去者]
訓読立ちて居てすべのたどきも今はなし妹に逢はずて月の経ぬれば [或本歌曰 君が目見ずて月の経ぬれば]
かなたちてゐて すべのたどきも いまはなし いもにあはずて つきのへぬれば [きみがめみずて つきのへぬれば]
英語(ローマ字)TACHITEゐTE SUBENOTADOKIMO IMAHANASHI IMONIAHAZUTE TSUKINOHENUREBA [KIMIGAMEMIZUTE TSUKINOHENUREBA]
居ても立ってもいられない。どう手を付けていいか今は分からない。彼女に逢わないまま月日が経ってしまったので。
左注
校異
用語異伝、恋情
タイトルとURLをコピーしました