万葉集 第12巻 3195番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3195番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3195番歌

第12巻
歌番号 3195番歌
作者 作者不詳
題詞 (悲別歌)
原文 磐城山 直越来益 礒埼 許奴美乃濱尓 吾立将待
訓読 磐城山直越え来ませ礒崎の許奴美の浜に我れ立ち待たむ
かな いはきやま ただこえきませ いそさきの こぬみのはまに われたちまたむ
英語(ローマ字) IHAKIYAMA TADAKOEKIMASE ISOSAKINO KONUMINOHAMANI WARETACHIMATAMU
磐城山(いわきやま)をまっすぐ越えていらっしゃい。私は磯崎の許奴美(こぬみ)の浜に立って待っています。
左注
校異
用語 地名、静岡県、女歌、恋情、羈旅
タイトルとURLをコピーしました