万葉集 第12巻 3118番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3118番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3118番歌

第12巻
歌番号 3118番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答歌)
原文 門立而 戸者雖闔 盗人之 穿穴従 入而所見牟
訓読 門立てて戸は閉したれど盗人の穿れる穴より入りて見えけむ
かな かどたてて とはさしたれど ぬすびとの ほれるあなより いりてみえけむ
英語(ローマ字) KADOTATETE TOHASASHITAREDO NUSUBITONO HORERUANAYORI IRITEMIEKEMU
門を閉じて戸も閉めておいたけれど、盗人があけた穴から入って見えたのでしょうよ。
左注 右二首
校異
用語 恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました