万葉集 第12巻 2892番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2892番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2892番歌

第12巻
歌番号 2892番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 思遣 為便乃田時毛 吾者無 不相數多 月之經去者
訓読 思ひ遣るすべのたどきも我れはなし逢はずてまねく月の経ぬれば
かな おもひやる すべのたどきも われはなし あはずてまねく つきのへぬれば
英語(ローマ字) OMOHIYARU SUBENOTADOKIMO WAREHANASHI AHAZUTEMANEKU TSUKINOHENUREBA
思いを晴らす手段もとっかかりもない。逢えない日が重なり、月日が過ぎてゆくので。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました