万葉集 第12巻 3003番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3003番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3003番歌

第12巻
歌番号 3003番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 夕月夜 五更闇之 不明 見之人故 戀渡鴨
訓読 夕月夜暁闇のおほほしく見し人ゆゑに恋ひわたるかも
かな ゆふづくよ あかときやみの おほほしく みしひとゆゑに こひわたるかも
英語(ローマ字) YUFUDUKUYO AKATOKIYAMINO OHOHOSHIKU MISHIHITOYUゑNI KOHIWATARUKAMO
明け方ぼんやりと見える月のように見かけたお人、かえってそれ故に恋い続けています。
左注
校異
用語 序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました