万葉集 第12巻 2846番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2846番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2846番歌

第12巻
歌番号 2846番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 夜不寐 安不有 白細布 衣不脱 及直相
訓読 夜も寝ず安くもあらず白栲の衣は脱かじ直に逢ふまでに
かな よるもねず やすくもあらず しろたへの ころもはぬかじ ただにあふまでに
英語(ローマ字) YORUMONEZU YASUKUMOARAZU SHIROTAHENO KOROMOHANUKAJI TADANIAFUMADENI
夜も寝られず、気が安らぐこともない。けれども、この真っ白な着物は脱ぐまい。直接お逢いするまでは。
左注 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました