万葉集 第12巻 3090番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3090番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3090番歌

第12巻
歌番号 3090番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 葦邊徃 鴨之羽音之 聲耳 聞管本名 戀度鴨
訓読 葦辺行く鴨の羽音の音のみに聞きつつもとな恋ひわたるかも
かな あしへゆく かものはおとの おとのみに ききつつもとな こひわたるかも
英語(ローマ字) ASHIHEYUKU KAMONOHAOTONO OTONOMINI KIKITSUTSUMOTONA KOHIWATARUKAMO
芦辺を行く鴨の羽音がするが、姿は見られないように、噂ばかりが耳に入ってくる。無性にお逢いしたくて恋続けています。
左注
校異
用語 動物、植物、序詞、うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました