万葉集 第12巻 3089番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3089番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3089番歌

第12巻
歌番号 3089番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 遠津人 猟道之池尓 住鳥之 立毛居毛 君乎之曽念
訓読 遠つ人狩道の池に住む鳥の立ちても居ても君をしぞ思ふ
かな とほつひと かりぢのいけに すむとりの たちてもゐても きみをしぞおもふ
英語(ローマ字) TOHOTSUHITO KARIDINOIKENI SUMUTORINO TACHITEMOゐTEMO KIMIWOSHIZOOMOFU
遠くにいる人、鹿路の池に住んでいる鳥が飛び立つように、いても立ってもいられないほどあなたを強く思っています。
左注
校異
用語 枕詞、地名、榛原、奈良、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました