万葉集 第12巻 3089番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3089番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3089番歌

第12巻
歌番号 3089番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 遠津人 猟道之池尓 住鳥之 立毛居毛 君乎之曽念
訓読 遠つ人狩道の池に住む鳥の立ちても居ても君をしぞ思ふ
かな とほつひと かりぢのいけに すむとりの たちてもゐても きみをしぞおもふ
英語(ローマ字) TOHOTSUHITO KARIDINOIKENI SUMUTORINO TACHITEMOゐTEMO KIMIWOSHIZOOMOFU
遠くにいる人、鹿路の池に住んでいる鳥が飛び立つように、いても立ってもいられないほどあなたを強く思っています。
左注
校異
用語 枕詞、地名、榛原、奈良、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました