万葉集 第12巻 3027番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3027番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3027番歌

第12巻
歌番号3027番歌
作者作者不詳
題詞(寄物陳思)
原文淡海之海 邊多波人知 奥浪 君乎置者 知人毛無
訓読近江の海辺は人知る沖つ波君をおきては知る人もなし
かなあふみのうみ へたはひとしる おきつなみ きみをおきては しるひともなし
英語(ローマ字)AFUMINOUMI HETAHAHITOSHIRU OKITSUNAMI KIMIWOOKITEHA SHIRUHITOMONASHI
琵琶湖の岸辺のような浅い心は世間の人は知っています。けれども沖の深い心はあなた以外に知る人はいません。
左注
校異
用語地名、滋賀県、比喩、恋情
タイトルとURLをコピーしました