万葉集 第12巻 3088番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3088番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3088番歌

第12巻
歌番号 3088番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 戀衣 著<楢>乃山尓 鳴鳥之 間無<時無> 吾戀良苦者
訓読 恋衣着奈良の山に鳴く鳥の間なく時なし我が恋ふらくは
かな こひごろも きならのやまに なくとりの まなくときなし あがこふらくは
英語(ローマ字) KOHIGOROMO KINARANOYAMANI NAKUTORINO MANAKUTOKINASHI AGAKOFURAKUHA
恋の着物に身を包み慣れている奈良山に鳥がひっっきりなしに鳴く、そんな風に私も時無しに恋しくてなりません。
左注
校異 猶 楢 [西(訂正)][紀][温][矢] / 無時 時無 [元][紀][温]
用語 奈良、掛詞、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました