万葉集 第12巻 3158番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3158番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3158番歌

第12巻
歌番号 3158番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 客尓有而 物乎曽念 白浪乃 邊毛奥毛 依者無尓
訓読 旅にありてものをぞ思ふ白波の辺にも沖にも寄るとはなしに
かな たびにありて ものをぞおもふ しらなみの へにもおきにも よるとはなしに
英語(ローマ字) TABINIARITE MONOWOZOOMOFU SHIRANAMINO HENIMOOKINIMO YORUTOHANASHINI
旅にあってもの思いに揺れ動く。ちょうど白波が岸に寄ってくるのか沖に向かうのか分からぬように、よんどころない思いに揺れる。
左注
校異
用語 羈旅、遊行女婦、鬱屈、恋情
タイトルとURLをコピーしました