万葉集 第12巻 3159番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3159番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3159番歌

第12巻
歌番号 3159番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 <湖>轉尓 満来塩能 弥益二 戀者雖剰 不所忘鴨
訓読 港廻に満ち来る潮のいや増しに恋はまされど忘らえぬかも
かな みなとみに みちくるしほの いやましに こひはまされど わすらえぬかも
英語(ローマ字) MINATOMINI MICHIKURUSHIHONO IYAMASHINI KOHIHAMASAREDO WASURAENUKAMO
港辺りにひたひたと潮が満ちてくるように、恋心がつのってきてあの子が忘れられない。
左注
校異 潮 湖 [元][古][紀]
用語 羈旅、遊行女婦、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました