万葉集 第12巻 2931番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2931番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2931番歌

第12巻
歌番号 2931番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 念管 座者苦毛 夜干玉之 夜尓至者 吾社湯龜
訓読 思ひつつ居れば苦しもぬばたまの夜に至らば我れこそ行かめ
かな おもひつつ をればくるしも ぬばたまの よるにいたらば われこそゆかめ
英語(ローマ字) OMOHITSUTSU WOREBAKURUSHIMO NUBATAMANO YORUNIITARABA WAREKOSOYUKAME
あなたを思ってじっと待っていると苦しくてなりません。夜になったらこちらからうかがおうかしら。
左注
校異
用語 枕詞、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました