万葉集 第12巻 3163番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3163番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3163番歌

第12巻
歌番号 3163番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 吾妹兒尓 觸者無二 荒礒廻尓 吾衣手者 所<沾>可母
訓読 我妹子に触るとはなしに荒礒廻に我が衣手は濡れにけるかも
かな わぎもこに ふるとはなしに ありそみに わがころもでは ぬれにけるかも
英語(ローマ字) WAGIMOKONI FURUTOHANASHINI ARISOMINI WAGAKOROMODEHA NURENIKERUKAMO
いとしい子と共寝しているわけではないのに、荒礒の辺りを通ると着物の袖が濡れてしまう。
左注
校異 沽 沾 [京]
用語 羈旅、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました