万葉集 第12巻 3136番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3136番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3136番歌

第12巻
歌番号 3136番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 客在而 戀者辛苦 何時毛 京行而 君之目乎将見
訓読 旅にありて恋ふれば苦しいつしかも都に行きて君が目を見む
かな たびにありて こふればくるし いつしかも みやこにゆきて きみがめをみむ
英語(ローマ字) TABINIARITE KOFUREBAKURUSHI ITSUSHIKAMO MIYAKONIYUKITE KIMIGAMEWOMIMU
旅の身空にあって恋しく思うのは苦しい。いつの日か分かりませんが、都に戻ったらあなたに逢いたい。
左注
校異
用語 羈旅、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました