万葉集 第12巻 3051番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3051番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3051番歌

第12巻
歌番号 3051番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 足桧木之 山菅根之 懃 吾波曽戀流 君之光儀乎
訓読 あしひきの山菅の根のねもころに我れはぞ恋ふる君が姿を
かな あしひきの やますがのねの ねもころに あれはぞこふる きみがすがたを
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMASUGANONENO NEMOKORONI AREHAZOKOFURU KIMIGASUGATAWO
山菅(やますげ)の根のように、私は恋い焦がれています。あなたに。
左注 或本歌曰 吾念人乎 将見因毛我母
校異 桧木 [元][類][紀] 桧
用語 異伝、枕詞、植物、序詞、恋情

第12巻 3051S1番歌(異伝歌1)

題詞 (寄物陳思)或本歌曰
原文 吾念人乎 将見因毛我母
訓読 我が思ふ人を見むよしもがも
かな わがおもふひとを みむよしもがも
英語(ローマ字) WAGAOMOFUHITOWO MIMUYOSHIMOGAMO
山菅の根が深く根づくように、私はあなたの姿を心から恋しく思っています。
左注
校異
用語 異伝、恋情
タイトルとURLをコピーしました