万葉集 第12巻 2964番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2964番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2964番歌

第12巻
歌番号 2964番歌
作者 作者不詳
題詞 寄物陳思
原文 如是耳 在家流君乎 衣尓有者 下毛将著跡 <吾>念有家留
訓読 かくのみにありける君を衣にあらば下にも着むと我が思へりける
かな かくのみに ありけるきみを きぬにあらば したにもきむと わがおもへりける
英語(ローマ字) KAKUNOMINI ARIKERUKIMIWO KINUNIARABA SHITANIMOKIMUTO WAGAOMOHERIKERU
こんなつれないお方と知っていたら、あの人が着物であって下にしっかりと着込んでおくんだったのにという思いです。
左注
校異 吾 [西(上書訂正)][元][類][古]
用語 女歌、恋情、衣
タイトルとURLをコピーしました