万葉集 第12巻 3048番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3048番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3048番歌

第12巻
歌番号 3048番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 御猟為 鴈羽之小野之 <櫟柴之> 奈礼波不益 戀社益
訓読 み狩りする雁羽の小野の櫟柴のなれはまさらず恋こそまされ
かな みかりする かりはのをのの ならしばの なれはまさらず こひこそまされ
英語(ローマ字) MIKARISURU KARIHANOWONONO NARASHIBANO NAREHAMASARAZU KOHIKOSOMASARE
狩りをなさる雁羽の小野の櫟柴(ならしば)ではありませんが、恋心に慣れてしまうどころかますます恋心が募る一方です。
左注
校異 柏 櫟柴之 [紀][細][温][矢]
用語 地名、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました