万葉集 第12巻 2862番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2862番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2862番歌

第12巻
歌番号 2862番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 山川 水陰生 山草 不止妹 所念鴨
訓読 山川の水陰に生ふる山菅のやまずも妹は思ほゆるかも
かな やまがはの みづかげにおふる やますげの やまずもいもは おもほゆるかも
英語(ローマ字) YAMAGAHANO MIDUKAGENIOFURU YAMASUGENO YAMAZUMOIMOHA OMOHOYURUKAMO
山川の岸辺に生える山菅の、その名のように、絶えず彼女のことを思い続けています。
左注 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました