万葉集 第12巻 3009番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3009番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3009番歌

第12巻
歌番号 3009番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 橡之 衣解洗 又打山 古人尓者 猶不如家利
訓読 橡の衣解き洗ひ真土山本つ人にはなほしかずけり
かな つるはみの きぬときあらひ まつちやま もとつひとには なほしかずけり
英語(ローマ字) TSURUHAMINO KINUTOKIARAHI MATSUCHIYAMA MOTOTSUHITONIHA NAHOSHIKAZUKERI
橡の衣を解いて洗うとき又打つように、女房の良さにはかなわないだろう。
左注
校異
用語 枕詞、植物、地名、和歌山、序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました