万葉集 第12巻 3200番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3200番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3200番歌

第12巻
歌番号 3200番歌
作者 作者不詳
題詞 (悲別歌)
原文 飼飯乃浦尓 依流白浪 敷布二 妹之容儀者 所念香毛
訓読 飼飯の浦に寄する白波しくしくに妹が姿は思ほゆるかも
かな けひのうらに よするしらなみ しくしくに いもがすがたは おもほゆるかも
英語(ローマ字) KEHINOURANI YOSURUSHIRANAMI SHIKUSHIKUNI IMOGASUGATAHA OMOHOYURUKAMO
飼飯(けひ)の浦に白波がしきりに押し寄せているが、その白波のようにしきりに彼女のことが思い出される。
左注
校異
用語 地名、淡路、兵庫、序詞、恋情、望郷、羈旅