万葉集 第12巻 3201番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3201番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3201番歌

第12巻
歌番号 3201番歌
作者 作者不詳
題詞 (悲別歌)
原文 時風 吹飯乃濱尓 出居乍 贖命者 妹之為社
訓読 時つ風吹飯の浜に出で居つつ贖ふ命は妹がためこそ
かな ときつかぜ ふけひのはまに いでゐつつ あかふいのちは いもがためこそ
英語(ローマ字) TOKITSUKAZE FUKEHINOHAMANI IDEゐTSUTSU AKAFUINOCHIHA IMOGATAMEKOSO
満潮時に風が吹く吹飯(ふけひ)の浜に出て立ち、海に無事を祈るのは誰のためでもない。彼女のためにこその命なのだ。
左注
校異
用語 地名、枕詞、大阪、岬町深日、恋情、望郷、手向け、羈旅
タイトルとURLをコピーしました