万葉集 第12巻 3024番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3024番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3024番歌

第12巻
歌番号 3024番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 妹目乎 見巻欲江之 小浪 敷而戀乍 有跡告乞
訓読 妹が目を見まく堀江のさざれ波しきて恋ひつつありと告げこそ
かな いもがめを みまくほりえの さざれなみ しきてこひつつ ありとつげこそ
英語(ローマ字) IMOGAMEWO MIMAKUHORIENO SAZARENAMI SHIKITEKOHITSUTSU ARITOTSUGEKOSO
彼女に逢いたい。堀江に立つさざれ波のようにしきりに恋い続けていると、誰か彼女にこの思いを告げてよ。
左注
校異
用語 地名、大阪、掛詞、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました